アクセス解析
* - - Scenes - - * 2006年10月
FC2ブログ

    2006

10.31

« いじめ報道に思う。。。 »

最近、中高生のいじめによる自殺が後をたちませんね。。。
悲しいことです。報道合戦を見ていて思うのは、
「学校側の責任」追及。

・・・確かに、生徒を預かって管理するのは学校。
でも、私たちが学生だったころ(かなり遠い記憶ですが
果たしてどうだったかな・・・そうして思い起こすと、
いじめる側は殆どが複数で、決まって先生のいるところでは
しっぽを出さなかったような。。。

あまりにひどいときには、クラスの良識ある子たちが
こちらも複数で担任教師に訴えたりするのだけれど、
それを基にいじめグループを呼び出したところで
「自分がいじめました」なんて認める生徒がいるだろうか。。。

集団でやっていれば、罪の意識も分散される。。。

そんなヘタレさんだから、一人じゃ何も出来ないけれど
集まれば何でも出来ると勘違いする。。。

いじめられる側にも問題はある、という説も確かに
あながち全くのウソではない場合もあるけれど、
一人の人間を自殺にまで追い込んでしまった原因が
「いじめ」であるのなら、責任問題云々のまえに
まず事実関係をきちんと報道し、加害者側の生徒の
人権擁護の前に自分たちの犯してしまった罪の重さを
認識させることの方が先じゃないのかな・・・



私ぐらいの年齢になれば、他人に拒絶・嫌がらせされた場合
自分に非があったからなのか、それとも単なる言いがかり
なのか。。。判断するのは容易ですし、前者であれば
素直に謝り、後者であれば鼻で笑って相手にしない。
そんな対応も柔軟に出来るようになるのでしょうけれど。
(おばさん強いなー (。・x・)ゝ

まだ若くて、傷つきやすい年代の子供のいじめを
早く見つけるには。。。そう考えると、極端かも
しれませんが「確たる証拠」(監視カメラとか)を
掴まない限り難しいのかもしれませんね。。。

 ...READ MORE?
スポンサーサイト



Mentalトラックバック(1)  コメント(0) 

    2006

10.30

« * 摂食障害からの脱出@私の場合 -- 3 * »

【 過食する自分を否定しないであげよう・・・ 】

私は発症して8年、治療を開始して5年。
普通の食事が出来るようになるまで長い年月を
費やしてしまいましたが、このことにもっと早く
気づいていたらもしかするともうちょっとたどり着く
のが早かったかも知れないな。。。そう思います。

過食・拒食する自分を、殆どの人が忌み嫌い、いかに
愚かな行為をしているのか噛み締め、ますます
自分を否定してしまいます。。。

けれど、本当は「過食・拒食すること」というのは
「本来目を向けなくてはいけない問題から自分を守っている」
=自分自身の防御反応だと思うのです。

今はまだ、本当の問題に向き合ったら自分が崩壊してしまう。。。
それをぎりぎりのラインで食い止めているのが
無意識に行っている(やめることが出来ない)
過食や拒食行為ではないでしょうか・・・

実際に、過食をしている姿というのは本当に自分で
見ても恐ろしく、惨めなものです。
お金も掛かります。

でも、「過食・拒食すること」で自分が今得ているもの。
これって何だろう・・・?
自分の本能が、必死で守ろうとしているもの。

私には、これが何なのか解りませんでした。
・・・というより解りたくなかった、というのが
本音かもしれません。

ひとつだけ言えるのは、確かに過食嘔吐は命がけ
でしたし、急激な体重の変化を繰り返すことは
本当につらかったけれど、結局私は今生きている
ということです。

色々な本や先生の助言、沢山の人の優しい言葉。
そういった周囲に支えて貰えたことも大きかったと
思いますが、一番自分を守ってくれたのは「自分」
だったのだと思います。

うまく言えませんが、どうか過食する自分を
否定しないであげて下さい。。。
今自分に出来る、最大限の防御反応なのだと思います。

難しいことではありますが、

「自分を好きになる」
「認めてあげる」

小さな小さな一歩になるかも知れません。。。

--- 追記 ---

以前の記事でも書きましたが、ACでもある私は
自己評価が常に低く、他人からの評価を重要視して
生きてきました。

・・・他人の評価を一切気にしなくなる、ということが
正しいのかどうかは解りません。(個人的には、やはり
少しは気にしていたいのが本音ですw)

けれど、他人の評価ほど不安定なものはありません。
常に周囲に気を使い、自分を殺し、必死で演じ続けた

「誰が見てもいい人」

この人がほんの少し不機嫌な顔をしたり、イメージに
そぐわない行為を誰かに見られたとしたら。

「あの人って実は・・・」という感じで、いわゆる
”普通の人”より評価が下がるのは早いでしょう・・・。

逆もまた然りで、怖いな、嫌なやつだな・・・と
思っていた人が実は話してみたらいい人だった。
この場合”普通の人”より評価が上がるのは
あっという間だと思います。。。

・・・何が言いたいのかまとまりませんが(w
結局最後は、「自分は自分」。
これでいいのかな。。。そんなことにようやく
気づき始めた私です^^

Mentalトラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

10.29

« * 摂食障害からの脱出@私の場合 -- 2 * »

【 自己イメージの歪み 】

ネットのあちこちで見つけた体験談や摂食障害の本を
読んだりして、自分なりにここから脱出する第一歩は
強制排出行為(抵抗のあるかたご免なさい。下剤乱用や
嘔吐のことです)を辞めることだ・・・そう思いました。

きっかけになったのは、ある朝いつものように過食で
ボロボロに疲れきった体を引きずるようにしてベッドから
出ると、キッチンの床に「歯形のついた生の大根」が
ゴトッと丸ごと一本落ちていたことでした。。。
情けなくて恥ずかしくて、その場に力なく崩れました。

「このままでは、本当に動物以下になってしまう」



これは医師や臨床心理士に指示されたわけではなく、
ある日突然「やめよう」と決意したことです。
ここの先生方の方針は、決して「ダメ」とは言いません。
ただ、一般的に見るとこうよ、という見方は教えて
くれます。答え、とかゴール、とかそういうのは

「はっきりいってない」

(それもそうですが(;・∀・) ので、それについても
あまり話しません。ただ、ひとつだけ約束して下さいます。

「ここだけはあなたの味方だから。どんな状態になっても
 見捨てたりすることはないから。」

その言葉どおり、ここまで、そしてこれからもきっと
支えて貰えると思っています。。。有難いですね



話が逸れましたが、私は体重の変化に伴って自己イメージが
大きく変わったことに最近気づきました。

良いほうに、とかそういうことではなくて、
どれだけ歪んでいるか。矯正の必要があるか。
このことに気づいた、ということです。

摂食障害にかかった患者は、拒食だろうと過食だろうと私も含めて
やせた自分」にターゲット・・・終着点を絞ります。

。。。でも、仮にそれで痩せた体を手に入れて、本当に満足
した方はどのぐらいいらっしゃるでしょうか?

痩せたことで、本来の問題が解決し、幸せを感じる。

これは、喜ばしいことですがおそらくその方は摂食障害では
ないのでしょう。。。

かなり長くなりますが、続きの部分に私なりにこの5年間で
たどり着いた答え・・・これを書いてみたいと思います。
あくまでいち患者の出した答えです。
ご参考になるかどうかわかりませんが、もしよろしければ
「こーいうモノの見方もある」という程度ではありますが
続きからどうぞ。。。(*^-^*)
 ...READ MORE?

Mentalトラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

10.28

« * Deguのお見合い * »

今は天国にいるムッシュ(♂)とココさん(♀)の
お見合いムービーです♪ 初日からとっても仲良し(*・・*)

中盤以降、毛づくろいのお返しにとココさん(右)が
熱烈な2連発チュウを発動し、すっかりデレデレになった
ムーの表情が脱力モノです (*^m^)oププ

天国のムーへ・・・。
届くかな?

ムーが突然旅立ったあと、ココさんが頑張って
可愛い5匹の赤ちゃんを産んでくれたよ^^
うちに残った女の子(ルルちゃん)は、臆面なく頭に
よじのぼってくるところといい、お顔といい、本当に
ムーにそっくりです。。。
また、いつか逢おうね゚・*:.。. .。.:*・゜









Degusトラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

10.28

« * 摂食障害からの脱出@私の場合 -- 1 * »

私が重篤な摂食障害に陥ってから、今日こうして
一人前のお昼ご飯(外が暖かいので、今日は蒸し鶏の
冷麺@ごまだれ風味)を「あぁ美味しかった 」と
感じられるようになるまで、治療を開始してから5年の
歳月がかかりました。

「えっ、病院に通っても5年もかかるの??」

・・・そう思った方、どうぞ落胆しないでください 。。。
過食・拒食することによってすり替えているその人
それぞれの抱える問題の深さ、自尊心の低さ、
そういった全てのもの自体皆それぞれ違います。
1年かからずに治った人も実際に沢山います。
先生本人や、方針との相性もあるでしょう。

私自身、あまりに長い長い闇から抜け出す道が
見出せず、転院を考えたことも多々ありましたが
なんとなく・・・ではありますがこの先生はきっと
救ってくれるような気がする。。。それだけの直感で
これまで続けてきました。

その間、ネットで「どうやったら治るのか?」連日
くまなく体験談等を調べまくったのを覚えています。

今は、ほんの少し食べ過ぎることはあっても
それまで感じることのなかった「満腹感」「空腹感」も
きちんと感じることが出来ます^^

治療を始めるまでは、「極めて標準」の体型をなんとか
保っていた私が、わずか1年ちょっとのスパンで
増減40キロという激しい変化を繰り返した過程と、
ここまで回復した記録がどなたかの参考になれば・・・
また、まだ回復途中である私自身にも違った角度から
よきアドバイスを頂ければ・・・^^

そんな気持ちで、少しずつこのカテゴリに綴っていこうと
思います。よろしくお願いします<(_ _)>

Mentalトラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

10.27

« つれづれ。 »

今宵はめっきり冷え込んでる東北最南端、でございます。

穴の開いたカシミアストール(デグに齧られた;)を羽織って
ストーブを出そうか否か・・・

♪出したら あったかいー♪
♪出すのは めんどくさーい♪(サザエさんの挿入歌で)

・・・そんな脳内合戦の結果、予想通り後者が圧勝し
寒さに震えてキーを叩く私ですヽ(´▽`)/



ようやく出勤日が決まったお陰で、少し気持ちが
落ち着いてきました。(アドバイスありがとうございましたvv)
激しく貧乏な状況に変わりはありませんが、
ひとつだけ贅沢をしました。。。

これまで、お守りとかおまじないとか・・・そういうのは
一切信じたことがなかったのですけれど、
「きっと大丈夫!」のおまもりをひとつだけ
新たな旅立ちのはなむけに自分にプレゼント。

「スモーキークォーツ」(煙水晶)というパワーストーンの
ブレスレッドです。

【 スモーキークォーツ 】

浄化作用の高い水晶の中でも特にそのパワーが高く、
「陰」や「邪」の気を吸収・浄化する力が強い。
この石は「肉体と魂の安定」をもたらし、
特に精神面にパワーを発揮します。

マイナス思考の強い人には、前向きのエネルギーを
与えてくれ、やる気と元気を取り戻し、能力を
高めて直感やひらめきを与えてくれます。

* 上記は、購入先の「 Natural Style 」さんより
 引用させて頂きました<(_ _)>

実を言うと、この説明文を読む前にざっとすべての石を
見て、単に綺麗だな・・・と思うものは他にも沢山
あったのですが、なぜか強く惹きつけられたのが
このスモーキークォーツでした。

今の私にぴったりな石・・・。
実際につけてみて、石を撫でるとなんだかやさしい
感じが伝わってくるような。。。
この石に「大丈夫」のおまじないと、仲間からもらった
素敵な言葉を込めて大切に身につけていようと思います



少し前からちょこちょこと作っていたツイードのコート。
大ざっぱで細かい作業がめっちゃくちゃ苦手な私は
あまりのパーツの多さに途中放置気味な期間も
あったのですが・・・w

ようやくミシンでの作業はなんとか無事に終わり、
あとは手縫いでちくちくする部分だけになりました♪
・・・競馬で言うと、第4コーナーを回った感じです(意味不

どうもうちのデグさんたちは、母ちゃん(私)が床に
座る→ヒマ=出してーー!!(・∀・)ノシ という
回路になってまして・・・

今日もボタン付けをしながら、デグを放牧。。。

「ねぇねぇ、何コレ?何?何?何?(以下続」

・・・そんな感じで、二匹いっぺんにひざの上やら
コートの上を歩き回り、ようやくとりつけたボタンを
齧って持ち去ろうとする有様・・・orz

そのうち笑いが堪えきれずに、腹筋プルプル状態になって
あえなく作業終了しましたε- (´ー`*)
けっこう幸せですね、私は・・・w

近々出来上がったらアップします♪>コート
皆様も季節の変わり目、風邪には気をつけて下さいね^^
ながーいたわごとでした<(_ _)>

Diaryトラックバック(0)  コメント(2) 

    2006

10.22

« * 子デグ@ルルちゃんごあいさつ♪ * »

ちょっと間が空いてしまったデグネタですが、
5匹産まれたあかちゃんのうち、4匹の男の子は
無事に友人のもとへ里子へ。。。

そして、唯一の女の子だった「ルルちゃん」が
私の家に残りました。ちょうど1ヶ月と5日目ですが、
ママの「ココ」が甲斐甲斐しく世話をしてくれた
お陰で(おっぱいあげすぎじゃないかと思うぐらいw)
みんな早めに乳離れして、元気いっぱいに育ちました♪

お顔は、生まれる前に星になってしまったお父さんの
ムッシュそっくり、性格は人懐っこくておりこう&たまに
凶暴(;´Д`)・・・なママによく似ています。

degus1022-0.jpg

↑ぷぷっ(・m・ )♪
この、ゆで卵にちょこんと手足がくっついたような
体型もまたかわいぃ・・・ ←完璧参ってますw

degus1022-1.jpg

我が家のGirlsは、比較的写真好きのようです。。。

・・・・っと調子に乗ってバシャバシャ♪

degus1022-2.jpg

。。。。。そ、そうでしたか、やっぱ・・・orz
だって可愛いんだもん、しょうがないよなぁヽ(´▽`;)/

ご協力ありがとうございました<(_ _)> >Deguさま。

Degusトラックバック(0)  コメント(4) 

    2006

10.21

« どうして繰り返すの? »

むかーしむかし、田中律子さんと誰かがやっていた
「目撃ドキュン!」という番組がありました。
(若い人は知らないだろうなぁー・・・

別に、あの番組自体をどうこう(出演した方が云々という
わけではありません)言うつもりではないのですが、
なぜか似たようなトラブルにしょっちゅう巻き込まれる
私は、自分の思考のモデルが「自らトラブルを選択する
ようにインプットされている
」ことには全く気づいて
おらず、よく友達から冗談半分で「ねぇ、あなたもあの番組
出られるんじゃなーい?」と言われていた時期がありました。

私って、本当に「運が悪いんだなぁ・・・」と思っていました。

育った環境が悲惨でも、理性を保って生き抜いている方も
勿論沢山います。しかし、大抵のAC(酒害家庭・機能不全家庭
この場合は両方)は自分の育った環境と同じ道を再度
たどってしまう悲しい法則があります。

「自分は決しておなじ過ちは繰り返さない!」

殆どのACが小さい頃から心に誓って生き抜いて来るのに、
依存症患者や虐待加害者が実は自らもそれらの被害者だったり
することは少なくありません。

健全な家庭で育った大抵の人は
「なんて学習能力のない人なんだろう・・・」
そう感じてしまうのではないでしょうか?

私自身も、アルコール依存症である父親自身が
祖父の酒乱に苦しみながら生きてきたのに
どうして彼は同じ苦しみを私たちに与えるのか??

ずっと解らなかった答えが、この5年間でようやく
少しずつ理解できるようになりました。。。

※ 以下の文章は、私自身が普通に「なぜ?(繰り返すの?)」と
  思ってきた答えを、繰り返してきたカウンセリングによって
  自分なりに出した「私なりのこたえ」です。
  これが絶対に正しい訳ではありませんし、また繰り返す
  虐待等の連鎖を肯定するためのものではありません・・・。

 ...READ MORE?

Mentalトラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

10.20

« 自分の境界線。 »

先日ご報告したとおり、採用は決まったのですが
担当者が忙しくてつかまらない人なので、いつから
出勤するのかまだ連絡が来ません。。。

そんな他愛もないモヤモヤを誰かに聞いてもらうことは、
あまりにも稚拙すぎて、口に出すには年齢を重ねすぎた
こと。。。重々承知しています。

20代前半の、友人の大半が独身だった頃ならば
お互いに「ちょっと聞いてよ~」的な電話も
気軽に出来たものですが、30代ともなればそれぞれの
生活を守ることで皆精一杯ですよね^^

私はそんなとき、ただただ無気力になって眠り続けます。
電話を待つにはそれが一番の近道で、誰に迷惑をかけることもなく、
また「無」の状態を保ち、自分の境界線からはみ出すことなく
逆に誰かに踏み込まれることもなく、平静でいられるからです。

 ...READ MORE?

Mentalトラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

10.18

« * 見よう見まね!? のグラニーバッグ * »

このところ、バタバタしていたのでコート作りも
ストップしてしまい、ミシンにも埃が・・・(;・∀・)

なんとなく、気持ちの中にモヤモヤしたものがあって
一挙にダダダダッ!と作れるものはないかしら?と
思って、以前購入したYUWAのキャンバスを取り出す・・・。

レシピも型紙もないのに、サイズだけ測っていきなり
裁断!という無謀な(いつもですが・・・汗)手順で
以前から気になっていた「グラニーバッグ」を
見よう見まねで作ってみることに。

どうせなら、雑誌が横にするっと入るぐらいの
大きめサイズ(W=480mmぐらい)にしちゃえ!っと
大雑把に決めて、いきなりざくざく裁断・・・(布よ、ゴメン;)

裏地と縫い合わせるところまではスムーズにいったのに
かなり厚手のキャンバス地だったのでギャザーが均等に
寄せられない・・・・

結果あんまりグラニーっぽくない、ただのBAG
出来上がりました( ;´・ω・`)

granny1.jpg

グラニーバッグ=おばあちゃんのバッグという意味らしぃので
これは老眼のおばあちゃんの手元がくるってしまった・・・w
そんなバッグだと思ってガンガン使います(´m`)クスッ

Hand Madeトラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

10.18

« * 台風にも負けず!5年ぶりの再会 * »

先週の3連休は、よっぽど日ごろの行いが悪かったのか
初日に台風直撃・・・orz

5年ぶりの再会となる彼女の住まいから私のところに
来る交通手段がすべてストップしてしまいました(;´Д`)

15時ごろようやく再開したものの、ダイヤの遅れが
激しいので残念ながら1日ずらすことに。。。
朝6時から、交通情報とにらめっこしつつ連絡を
取り合っていた私たちはお互いに萎え萎え・・・

いろいろとコースを練っていたのですが、
一泊二日に変更になってしまったので彼女が一番
行きたがっていた水族館にターゲットを絞りました。
(私は地元なのにOPEN以来一度も行ってませんでしたw)
↑けっこうそんなモンですか?(。・m・)クス

あまりいろいろ案内することは出来ませんでしたが
久々の再開はやはり嬉しかった♪
・・・でも、悲しいかなやはり5年の歳月は大きく、
中身は全然成長していないのに、外見はお互いに
「・・・なんちゅーか、ね。大人になったな(w」
な感想でした。。。今回まわったコースの写真は
続きからどうぞ・・・^^

 ...READ MORE?

Diaryトラックバック(0)  コメント(2) 

    2006

10.18

« たった1つのおまじない。 »

ようやっと、再就職が決まりました<(_ _)>
(前回ちょこっと書いたカテゴリは、少し書くのに
 パワーがいるのでお休み@下書きに戻しました^^;)

企業側と働く側、双方が3ヶ月間お試し期間を
作れる「紹介予定派遣」というシステムを初めて
利用します。これは、3ヶ月間はお互いに見極める
期間として直接雇用ではなく、間に派遣会社を
通し、3ヶ月経ってお互いに合意すれば正社員登用・・・
というシステムです。

私のような技術職だと、お互いにメリットは大きいと
思います。(見掛け倒しだと申し訳ないし^^;)

1年2ヶ月間、社会人になってからこんなに休養したのは
初めての経験でしたが、毎日まったくの「無」の状態で
リセット出来た貴重な時間でもありました^^

この間に、自分を嫌になるほど見つめなおして
8年間苦しんだ摂食障害からも脱出しつつあります。。。

いつから出社になるかはまだ未定です。(現在、双方の
条件がいくつか合わず@先方は当初から直接雇用を
のぞんで下さったのですが、私としては1年以上の
ブランクがあることや、派遣社員として働いたほうが
手取り額が大きいことw等を理由にして交渉中・・・)

大丈夫かな・・・・orz
不安のほうが今は大きいです。

私のたったひとつのおまじない。

「だいじょうぶ。私は大丈夫」

・・・たったこれだけの言葉なのですが、
ACOA(Adult Children of Alcoholics)である私は、
常に自分自身そのものや自身の決断に
疑いを持ってしまう悪い癖があります。。。( ;´・ω・`)

今日の最悪の病気はライ病でも結核でもなく、
自分は不必要な存在だという思いである。

(The biggest disease today is not leprosy or tuberculosis,
but rather the feeling of being not wanted.)

ネットをあちこち眺めていて、心に焼きついた
マザーテレサの言葉です。。。
私は残念ながら無宗教派ですが、この言葉を読んで
無意識に涙がこぼれました。。。

私の育った家庭のように、世代を超えて繰り返される
嗜癖、虐待等・・・。

「自分は決して同じ過ちを繰り返すまい」と強く思いながらも、
また次世代へと受け継いでしまう悲しいスパイラル。

長い長いカウンセリングを経て、今は解ります。。。
私の両親も、そのまた両親も、愛された経験がないので
愛情表現の方法を知らなかったのだということ・・・

「両親にさえ愛されなかった自分」という記憶は、
自分がいかに無価値で、不必要な人間なのか。。。という
悲しみと無力感を常に心の奥底に抱いて生きていく
ことになります。。。

・・・何が言いたいのか、よく解らなくなってきて
しまいましたが。。。(;´Д`)

臨床心理士の先生に教えてもらった、とっておきの
おまじない。

「だいじょうぶ、私は大丈夫。」

本当に、たったこれだけの言葉ですが繰り返すことで
ふにゃふにゃで芯のないような(本当はあるのですが、
自分を信じていないのでそう感じてしまうのです)
自分にも、色々なことが出来る。。。このことが
少しずつ解って来ます。

もし、同じように悩んでいる方・・・ダメもとでも
一緒に試してみませんか?^^ 

私も、出社日が決まったらまたこのおまじないを
かけながら再度歩き出してみようと思いますv
長文失礼致しました<(_ _)>

Mentalトラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

10.15

« アダルトチルドレン@3 »

人は、退屈な時間・・・たとえば会議だったり
うんちく好きのお客様のお話を聞いていたり・・・(w

そんなとき、時計があると「あぁ、あと○分も経てば」
という目安となり、苦痛も少々和らぐものだと思います。

私は、自分がACという認識もないまま、紹介されるが
ままに心療内科のドアをくぐった一人ですが、指示された
「カウンセリング」なるもの自体がどういうものなのかすら
正しく認識していませんでした。

この意味をようやく理解し始めた頃、それまでひた隠しにして
きた「誰にもいえない私だけのバランス調整方法=過食嘔吐
についても自然と口をついて出るようになったのですが、
カウンセリングの初期段階・・・過去に封印していた
(つらすぎて自分の記憶からも消し去っていたようなこと)
出来事を一つ一つ思い出し、臨床心理士に打ち明けるという行為は
それらの出来事をすべて机上にずらりとならべて
再認識する行為でもあり、自分への嫌悪感と過去に起きた
出来事への怨恨、苦しみ、恐怖・・・。

それらは私を抑鬱状態にするのに十分すぎる素材でした。

「わたしは、いつ治るのですか?」
「わたしは、いつ立ち直れるのですか?」
「わたしは、いつ・・・・」

それは、医師にも臨床心理士にも、そして当然私にも
全く解らない答えでした。

「時計のない部屋での、無限に続くかも知れない拷問」

ある日突然、ぽちゃん。と音をたてて落ちてしまった
暗闇には、一筋の光もなければ、一体今がいつなのか、
そして出口は一体何処にあるのか・・・指標はなにも
ありません。

私は、次第に考えることにも疲れ果て、

「けっきょく、こうなるように出来ている」

という、私のいつも思い描く堕落のシナリオ通りに
アルコール、薬物、過食、自傷に依存する日々に突入していきます。

この頃の記憶は、わずか2.3年前の出来事にもかかわらず
飛び飛びだったりしますが、今言えることは一つだけ・・・。

「出口が見えない暗闇はあっても、
    出口がない暗闇はない。信じていれば・・・。」

 ...READ MORE?

Mentalトラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

10.14

« アダルトチルドレン@その1 »

今日、再就職の内定を頂きました<(_ _)>
実に1年2ヶ月ぶりの社会復帰です。。。

正直、決まって嬉しい気持ちよりも
「あぁ、また朝泣きながら起きるんだろうか」
「また必要以上に頑張らないと、自分は無価値だと
 感じてしまうんだろうか」
そんな不安のほうが大きいのが本音です。

21歳で社会人になり、それから12年の間でこれほど
長い間働かずにいたのは今回が初めてでした。

それまでずっと張り詰めていた何かがぷちっと音をたてて
弾けると、私の中の「気力」と呼ばれるものすべてが、
割れた風船をスローモーションで見ているかのように
・・・そう、他人事のようにしぼんで崩れていく自分を
ぼんやりと眺めていました。

きっかけになるような出来事は何もありませんでした。
外にも出ず、電話にも出ず、一切の交友関係を絶って
ただただ寝て起きて呼吸していただけの1年2ヶ月でした。

今、ようやく再起の段階にさしかかった自分を
客観的に見つめなおすために、そして前に進むために、
たまにこのカテゴリに感じたこと、学んだことを
少しずつ書いてみようと思います^^

 ...READ MORE?

Mentalトラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

10.06

« * 子デグの旅立ちBag * »

明日からは3連休ですね~♪
わたしのところは、5年ぶりの再会となる学生時代の
友人がはるばる遊びに来てくれます^^

・・・それなのに、今日と明日は台風の影響で
暴風雨!! ヽ(`Д´)ノ

お互いに、
「ねぇ。なんか最近わるいことした?」
というメールを送りあいました( ;´・ω・`)人(´・ω・`; )

とりあえず電車が動くといいのだけれど。。。
彼女は小動物好きなので、仔Deguの話をして写真を
送ったところ「ぜひ養子にくれ!」とのことで、
急遽男の子が先に旅立つことになりました。

移動の電車で寒い思いをしないように、輸送用の
プラケースを入れるための暖かいキャリーバッグを
作ってみました。。。
(急いで作った初の小物なので、かなりへたくそ・・・orz)

degubag.jpg


リネンのキルトと、現在作成中のツイードコートの端切れ、
フランネルを縫い合わせて作ってみましたが、見事に
柄がずれちゃいました (。・x・)ゝ
でも、デグと彼女への感謝の気持ちを込めて作ったので
大目に見てもらえるかな・・・・

とりあえず、明日も暴風雨の予報が出ていますが、
無事に再会できますように。皆様も良い連休を♪

** 最近つくったもの **

今年は、チュニックやスモックタイプのブラウスを
多く見かけるので、かぶりタイプの秋色ブラウスを
フランネルとシャツコールで作りました。
楽ちんで気に入ってます♪(自分で言ってるし・・・

chunic.jpg

Hand Madeトラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

10.03

« ちびっこDegus♪元気いっぱい。 »

9/16日生まれの5つ子Degusですヽ(´ー`)ノ
男の子×4&女の子×1。

パパ(ムッシュ)は、8月に悲しい事故で星になって
しまいましたが、彼の忘れ形見が5匹も産まれました!
ママ(ココ)、頑張ったね ムーは天国から見てるかな・・・。

CIMG0309.jpg


生後2週間経ち、毛もフサフサになってきて可愛いさかり♪
早い子はくるくる(回し車)で遊んでいたり、ママの真似を
してケージの隅をガジガジ・・・(ヤメテw

牧草やペレットを一生懸命はむはむしてるとこが
可愛くてついつい1時間ぐらい眺めてしまうことも。。。
私の指を毛づくろい(爪を噛む)してくれる子もいて
そんなときは「・・・幸せ」を実感するひとときです^^

CIMG0310.jpg


男の子2匹は貰い手が決まったので、あとの子はケージを
分けて飼おうと思っています。とりあえず、今日から
ブログデビューです。
よろしくお願いします♪(`・ω・´)ノシ

Degusトラックバック(0)  コメント(4) 

 |TOP