アクセス解析
* - - Scenes - - * 2006年12月
FC2ブログ

    2006

12.31

« 往く年。 »

2006年も、残すところあと数時間となりました。
(NHK風)

テレビもない私の部屋で、デグさんと私と、
いつもと変わらない時間を過ごしています。
ちょこっと違うのは、風邪を引いて寝込んでいたので
だらしなく鼻水すすってることぐらいでしょうか・・・

とても静かな夜です。

この一年を振り返ると・・・
無気力・無感動・無関心なのはさほど例年と
変わらなかったようにも思うのですが、
(お薬のせいで感情が平坦なのです)

「出来て当たり前のこと」が出来なくなり。

ようやく「出来るときもあるよ」に進歩した。

ある意味、貴重な一年だった。

自分ひとりの力じゃ出来なかった・・・
「ブログ」という媒体を通して、たくさんの人々に
力をもらって、ようやく立ち上がる気持ちになれた。

仮に明日道端ですれ違っても、あのとき力をくれた
「あなた」であることは解らない。

だから。
出来るかぎり、「優しく」ありたい。

人は、一人ぼっちでは生きていけない。

必ず、見えないところで誰かに支えられているから。

ひょっとしたら、力をくれたかもしれないひと
これからお世話になるかもしれないひと

縁あって出会う人々に優しい気持ちで接したい。
もちろん・・・可能な限りで。
せまいせまい範囲ではあるけれど。

わたしもいつか、、、、誰かに、、、、
小さなちいさな力を。

今年一年、立ち寄って下さったすべての方に
感謝の気持ちをこめて「ありがとうございました」。

来年もまたよろしくお願いいたします<(_ _)>

スポンサーサイト



Mentalトラックバック(0)  コメント(2) 

    2006

12.27

« 明日で仕事おさめ。 »

明日行けば、年内は仕事納めになります。
今日は病院の日で・・・また先生に勇気を貰って
帰って来れました。

最低限・・・自分で自分を貶めないために
必要なお金。それを確保するためには、朝
起きなくちゃ。求められているのはこれだけ。

どーーーーーしてもダメ、というとき以外は
少々無理をしても行ったほうが今の私には
プラスになる。。。休養期間は終わった。
「終わった」ことが自分で解っている。
納得出来ているはず。

朝の気分を上げるために、アロマのすっきり化粧水を作った^^

・ネロリウォーター
・ジュニパーベリー(精油)←ジン(お酒)の原料^^
・グリセリン
・無水エタノール

これだけ。以前買ってあったのを思い出して
引っ張り出してみた。

どちらも、草原のような森林のような、それでいて
シャープな香りなので意欲があがる効果がある・・・(はずw

ついでに老化防止にも・・・w

明日一日、がんばる!

Mentalトラックバック(0)  コメント(3) 

    2006

12.23

« イブイブ@独りちゃんこ。 »

・・・痛々しいタイトルですw

今日明日は私も連休ですが、予定もなく _| ̄|○

外に出るのも億劫なので、冷蔵庫の残り野菜を
総動員して「ひとりちゃんこ鍋」しましたw

以前98円で買った、「ちゃんこなべの素」。
アンタちゃんこ食う必要あるのか?とか何とか
突っ込み入れてるうちに賞味期限ギリギリ・・・。

どうもお相撲さんの主食、というイメージがあったけど
肉や魚をたっぷり入れて鍋ごと全部食べなきゃ結構
ヘルシーなんですね (。・x・)ゝ←頭固いからw

おうどんを1玉入れて、溢れそうな野菜と一緒に
ぐつぐつ。

心も体もポカポカになりました^^
半分以上のこったので、明日@クリスマスイブには
鳥だんごを加えて「ちゃんこ雑炊」。
・・・なんともオサレなディナーです( ´,_ゝ`)

今夜はそれほど寒くないので、ホワイトクリスマスは
期待出来なそうですね。

皆さん、明日は素敵なクリスマスを・・・゚・*:.。. .。.:*・゜

↑と書いてる背中が淋しい・・・なんてこたぁないです。
・・・たぶんないです。




ありませんか。(謎

Mentalトラックバック(0)  コメント(1) 

    2006

12.22

« なんだかんだで今年もおわり・・・ »

気づいたらもう12/21日なんですね(何

世間が浮かれるクリスマスと無縁な・・・(´;ω;`)ウッ…
今年で何回目だろ、そんなクリスマスはw

なんだかんだいいつつ、遅刻やオヤスミをしつつ・・・
社会復帰して1ヵ月半超えました。

ただ家にいた頃よりも、まだまだ負担の大きさを
実感してしまいますが今はこのペースで・・・

状態の上がり下がりが激しく、特に朝は涙目状態ですが
大きなあくびをしつつも、私が出勤するまではくるくるに
前足をかけてぼーっと見守ってくれるデグさんたちに
支えられて何とかやっています^^

ココさんとルルさんのおかげで、笑顔が出る日が増えました。

小さくて、寿命も4~5年の彼女たち。

でも、先月?だったか、「道具を使うことを覚えるねずみ」
として産経新聞に載っちゃった賢いデグさんw

気持ちが通じます。

帰ってくると、真っ先にご飯の用意をしつつ、
彼女たちには私の食べるのと同じ野菜を切って・・・。

同じ時間に同じものを食べる。

食べ終わったら、お散歩タイムで出してあげて
肩に腕によじのぼってくる彼女たちにご褒美の
くるみをひとつだけあげて、頬ずりw

「今日もありがとうね。
 朝、ずっと見ててくれたから、会社行ってこられたよ。
 かーちゃん、二人とも本当に大好きだよ」

・・・いつお別れが来るかもしれない小さい子たち。

私が小さい頃、欲しかった言葉。。。
動物だけど、ちゃんと通じます。

ありがとう。大好き。

毎日伝えています。

いつか、自分にもそう言える日が来ますように・・・^^

Mentalトラックバック(0)  コメント(1) 

    2006

12.16

« ちぐはぐ。 »

出社定時まであと13分。

今日は定休日だが、休日出勤。

夜、残業でお客様との打ち合わせがある。

そんなことを考えていたら、まともに眠れず・・・

シャワーを浴びたものの、気持ちが全く上がらず・・・

落ち込む。

午前中休ませてもらうことにした。

昨日の決意とは、ちぐはぐ。

これで通用しているのはすごいとしか言いようがない
自分の中でも・・・。

突っ走りすぎるな
あせるな

ヘタレだなんて自分で思うな
出来る範囲、は以前より広がったのだから

おひるまで寝ます

夜のヒアリング、頑張ります・・・

Mentalトラックバック(0)  コメント(1) 

    2006

12.15

« 1年半ぶりの給料日。 »

社会復帰して、実に1年半ぶりの給料が振り込まれた。

情けないことに、6ヶ月間親の援助を受けた・・・

それ以前、なぜ無収入で暮らせたのかというと
偶然・・・としか言いようがない出来事で、
とんでもない金額が懐に舞い込んできた。。。

勿論わたしの力ではなく・・・運がよかっただけ。

お金さえあれば、鬱から、過食から抜け出せると
思っていた。

「完済」が視野に入っていた。。。

でも、結局上手くいかなかった。
半分返済したところで脱落した。

・・・そのときは、確かに何不自由無い、
貴重な数ヶ月間だった。でも、心はからっぽだった。
やる気、とか生きる、とか考える気持ちが
沸かなかった。

完済さえすれば、誰にも迷惑を掛けないだろう・・・
同時に、私が生きる「支え」もなくなる。
実に馬鹿げているけれど、借金を返済することで
生かされ、いつしかそれが私の生きる理由になっていた。



今日手にした額は、絶頂期から見たら取るにたらない、
1ヶ月分に満たないわずかな・・・たった15日分の給料。

それでも、記帳しているうちに涙が出た。
支払い分をすべて除けば一銭も残らない。

支払い明細を全部書き出し、差し引き計算し
両親の元に給与が入ったことを報告しに行った。
満額支給ではないので、今月で6回目の援助を・・・
最後の援助を受ける約束になっていた。

食費とガソリン代・・・
情けない限りだが、1ヶ月の生活費として合計3万円
両親に借りた。本当に有難い。。。

面と向かって、改めて頭を下げた。

ありがとう。本当にありがとう。
この半年間、本当にごめんね。
・・・口にすることが出来た。。。



以前の職場から頂いている内職作品?が好調で
今月も1件納品した。正月休みにもぅ少しどう?と
あと2件ほど案件がある。

3件やれば約5万円。
1件に費やす時間は、約6時間。
ちょこっと頑張れば・・・
来月は、両親にお金を少しでも返せるかもしれない。
少しだけ希望が出てきた。。。



学生時代の友人からメールが届いた。

喪中ハガキが返送されてしまったのだけど
いま何処にいるの?

・・・引越しハガキすら誰にも出さないまま
数年経ったのだ。



その日
アロマテラピー用に買い置きしてあった
スピリタスの大瓶をラッパ飲みしながら

抗鬱剤、睡眠薬、ぷちぷちと
何シートも押し出しては流し込んで

この手の薬が「大瓶入り」じゃないのは
”こういうこと”なのかしら、と思ったりして

ちっとも遠ざからない「自分」にいらつき

スピリタスでは足らないのだろうと
消毒用エタノールを口にしたら吐いた

手も足も2mm間隔で刻んでしまったから
もう切り付ける場所もなくて

貝印のカミソリを力いっぱい
大腿部に縦に振り下ろして
横にずりずりと引いた

皮膚が思いっきり切れるときは
「ぷちっ」と音がするんだな
・・・朦朧としながら、そう思った



赤い点の飛び散った古いクロスを張替え
糞面白くもなんともない、ヘタレな
「死にたい」ごっこをやらかした
そのアパートを引き払った

隣人の独身男性は、腰の低いとてもよい人だったが
わたしは挨拶もせずに出てしまった

となりの塀のツタの葉は、今もまだあるだろうか・・・

ここ数年毎年届く、友人の親御さんの訃報。

・・・・・・言葉が出ない。

私が今後生きていく理由は、、、

「生まれてきてよかった」

そう思える日を迎えること。
その姿を見てもらうこと。
誰かのためじゃなくて、自分のために。

綺麗ごと、かもしれない。
以前の私なら吐き気がしただろう。

でも、今なら。
「綺麗ごと」じゃなくなるかもしれない。

いま幸いにも薬が、環境が、私を後押しして
くれている。休養したことで余力が出来たのだ。

誕生日、クリスマス、父の日、母の日。
毎年贈り物をしてきたが、今年は出来なかった。

なにかを贈って、「ありがとう」という言葉が
返ってきた記憶はない

「ありがとう」という見返りを期待している
自分が恥ずかしかった

「心」が入っていないおくりもの、に
「心」が返ってくるはずもないのに

でも、まだ置いていかないで・・・

母が優しくなったことがこわい
父がお酒を断っていることがこわい

こんなにうまく収まるはずがないのに

また・・・
またいつものように崩れ去ってしまうのがこわい

私は愛情なんか貰っていない
そう思い続けてきたけれど

私も愛情なんか返していない

まだつたい歩きだけれど、もう少し待っていて。
家族の「楽しい」思い出・・・

私のうちのアルバムには殆どないけれど
これから作れるかもしれない

諦めなければ、きっと。
その機会があることに感謝したい。。。

Mentalトラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

12.11

« 母のくびすじ。 »

前回のゴタゴタから、実家に寄るのを避けていた私・・・

父がお酒をやめて約2週間経った、と聞いた。

びっくりした。

祖父がお酒をやめたのは、ちょうど60歳。
還暦を期にぱたっと辞め、それからは健康食品オタクになった。
(・・・そのおかげか?96歳の今も健在です)

父は今、63歳。
ついでに減量も始めたとのこと。
何があったんだろう・・・。

そんなこともあって、久しぶりに顔を出してみた。
プライドがないのか、やはり人恋しいのか・・・。



父は、少々調子が上向きのようだった。
鬱もだいぶ良い、と上機嫌で話していた。

母は・・・なんだか丸くなったと思う。
私に対して、というのか・・・周囲に対して。

そうすると、少しずつ警戒心が解けてくる・・・

いつものパターンだと、ここで天地をひっくり
がえすような・・・たった今笑顔だった父が
別人のようにこちらを罵りまくり、胸をえぐられる
想いを味わう、というのが「日常」なのだけれど何かが違う。

前回のことなど何事も無かったかのように
(このあたりは酒害家庭の法則でもありますが)
あれやこれやと食べ物を勧める母の襟元に目がいった。

・・・私が、自分自身で唯一認めている「良い部分」は
母から受け継いだ頑丈な肌。

今月あたまに還暦を迎えた母は、皺らしい皺もなく
つやのある肌をし、外出時にはきっちりお化粧をしていた。

・・・私の頭の中では。

その首筋の、老人のようなしなびた一部分に釘付けになった。

先月は、こんな皺なかったんじゃないか?



急に怖くなった。

このまま、一度も完全に理解しあうことなく・・・
突然置いていかれるのではないだろうか?

それより何より、栄養士でもある母親は食べ物に
使うお金は惜しまなかった。(母は標準体型です)
食べ物が生活の基盤だから、と常に言っていて、
食費は高めだったように思う。

帰り際、特売だったのだと言って持たされた
食材・・・48円、98円、、、
これまで、「特売」に買うことなどない人だった。
食べ物に関しては。

ああ、何で今まで気づかなかったのだろう。
・・・気づいてはいても、深く考えていなかったように
思う。(それは気づいていないのと同じだ)

確かに、普通のサラリーマン家庭よりは少しだけ
裕福かもしれない。

でも、成人したわたしがこの半年間、アパートで
生計を立てるのに・・・喰って、寝て、排出して、
気分転換という名目でたまに布なぞ買ったするために、
たったの半年で100万円近くの負担をかけていたのだ。

今更何を?と自分でも情けなくなるけれど
本当に具体的な計算をしたことがなかった。
実に都合よく抹消していたのだ。

単純に、10数万×6ヶ月で計算すれば
すぐに出る金額なのに・・・
家賃と、弁護士に支払う金額と・・・
生活保護だけは辞めてくれ、と言われたのを
恥ずかしげもなく盾にして。
この年齢になって・・・。

勿論少しずつ返していく約束ではあるが、
還暦を迎えた両親に掛けていた金銭的な重圧を
今更ながら改めて噛み締めた。

二度と無収入になることは辞めよう。。。
少々空きが出来ても、最低限の収入は確保しよう。

どんな手段でも、、、
月の請求額が、過食費やら家賃光熱費を含めて
50万円を超える月だって何とかやってきたのだ。
(実質減っていなかったとしても・・・8年目に
 こうして挫折する結果になってしまったと
 しても・・・)

それにくらべたら、1/3のハードル。

「○○してはいけない」ということをこの半年間
極力自分に課さないようにしてきた。

でも、もう余力は蓄えた。そう思う。

このまま両親にお金を返せないまま終わりたくない。

確かにひどい思いも沢山沢山味わった。

考えることを避けるために、無意識に天井の空気孔と
床の目地を数え続けて過ごした中学時代。
喰って吐いて、手を洗いまくって・・・

でも、もうやり尽くしたのではないだろうか。

大きな夢を叶えたいとか、そんな気持ちはないけれど
迷惑を掛けない人間になりたい・・・

ただひとつだけ・・・
年老いた両親を苦しめるのはもう嫌だ。

ここが区切り、なのかもしれない。

母の皺は、虐待された過去の記憶すら色褪せた
下らないものに変えてしまいそうな衝撃だった。



寒い寒い帰り道。

今日はイベント要員だったために、外(コンビニ)の
トイレを使わなくてはいけなかった。。。
ドアノブが触れなくてウロウロして・・・
結局時間がせまって、仕方なく触ってしまったあと、
強力なエタノール入りの除菌ウェットティッシュで
何度も何度も拭き取った手が荒れて痛かった。

でも、それよりココロのほうが痛い。。。
今更だけれど、そうおもった。

Mentalトラックバック(0)  コメント(1) 

    2006

12.07

« ねぎ。 »

考えるのをやめてみた。

ゼロか100か。
どちらかしかない私は、ある意味幸せなのかも知れない。

久々に暴食もした。
苦しくて、体が折り曲げられないほど。
横にもなれないほど。

・・・でも、以前と違ってカードも無くなった私は
使えるお金には限りがあるのだということを改めて知った。

食べる為に使えるお金は、もうない。

・・・そのことが解ったら、急に安心した。
食べたいものは、この8年で殆ど食べつくした。
けれど、「飢えた心」を満たせるのは食べ物ではなかった。。。

久々に自炊を続けてみようか・・・
そう思って、数日前重い腰を上げて仕事帰りにスーパーに寄った。



野菜、野菜、野菜。
今年になって、スーパーに足を踏み入れたのは
多分3回目ぐらいだと思う

私は、過食スイッチが入ると料理が出来上がるまで
待っていられなくて材料の段階で食べてしまう。

解凍すらしていない、小分けにした冷凍ご飯。

生のだいこん。

ゆでていない、ポキポキのうどんやそうめん。

袋入りのインスタントラーメンにパンチを喰らわせ、
おせんべいのように齧る。
・・・男前すぎる(違

コンビニのおにぎりなら、玄関に入るやいなや、
靴をもぞもぞと脱ぎながら袋を引きちぎってすぐに
食べることが出来る・・・

このブログを始めた頃は、比較的落ち着いていた
食生活が、社会復帰が迫るにつれて乱れてきた。

・・・またあの生活に戻ってしまうのだろうか?

そんな不安もよぎった。

しかし・・・気づいたら私は極貧なのだw

以前とは違う。
厳密に言えば、以前もカード(滞納だけはしないよう
常に頭とお金をフル回転させていたので、複数のゴールド
カード所持w)を使って自転車操業していただけ。

今はもう、その選択肢は私にない。
現金のみですべてをやりくりしなくてはいけない。
一ヶ月の食費に40万円も使う生活は、もう出来ないのだ。



旬の野菜は美味しい。
・・・材料の段階で食べてしまうかも、という恐怖は
全くないわけではないけれど、コンビニの弁当じゃ
なくても満腹感はきちんとやってくる。

昼休み、初めて行くスーパーで冬野菜を沢山買った。

「ねぎは、どうなさいますか?」

・・・?
えっと。

「この・・・、砂肝とニンニクの芽と、ねぎ塩炒めに。」

レジの姉さんは、にっこりと笑って言った。

「ねぎの、長さはどうなさいますか?」

????

ぐはっ、切ってくれるの???
そんなサービスしてるの?

顔から火が出る、とはまさにこんな感じ・・・orz
(ってか、聞き方が悪いよ!と脳内逆ギレw)

「ふたつわけ、でよろしいですか?」

くやしまぎれに、「小口切りにして下さい
・・・とはさすがに言えなかった。
世の中進化してるんだな。。。(;´Д`)
これ、常識なんですか?
(でも、切ったナイフ洗うわけじゃないしなんか不衛生・・・)

そんな屈辱を味わったねぎ( ̄~ ̄;)
今夜も大活躍です。

みじん切りにしたねぎと椎茸とニンニクをたっぷりの
ゴマ油で狐色にして、お醤油・酢・砂糖・酒を入れた
耐熱瓶にオイルごと注いでドレッシングに。

塩茹でした里芋、ひよこ豆、むき枝豆、ブロッコリー、
きくらげ、ベビーコーンと混ぜて頂きました<(_ _)>

・・・考えずに、このまま。。。
このペースでずっと行けたら。

ささやかな幸せ、かもしれない・・・。

そう思います。

Mentalトラックバック(0)  コメント(4) 

    2006

12.02

« やめてみようか。考えること。 »

土日休みが嫌いなのは、世間の賑わいと自分を
比べて、考えてしまうから。

時間があって考えてしまうから。

あーでもない、こーでもない。

考えていないと不安だから。

比べるのをやめたらいい。

考えるのをやめたらいい。


「探すのをやめたとき
  見つかることもよくある話で」
  by 井上陽水(古くてスマソw

「ことば」で表現できるもの

それは「ことば」で作られたものであって
「そのもの」ではない


「自分ってなに?」

と聞かれて、どれほどの言葉を並べて説明しても
「自分」にはならない

あるがまま。

そのまんま。

「正しい」ものなんて、ない。

未熟で不安定な心、が作り出す感覚や感情に
とらわれ、振り回されるから上手くいかない。

考えるの、やめたら?>自分

そのまんま、しかないんだもの。
考えても考えても、行き着くところは・・・



以前、何の前触れも無く突然届いた小包。

ブログがこれほど普及する前に、個人でやっていた
サイトの片隅につづっていた日記を読んで、
学生時代の友人が贈ってくれた本。

あたまがぐちゃぐちゃになると、読み返す本。
漫画です。

「ブッタとシッタカブッタ」

ご存知の方も多いかと思いますが、私はこの時まで
知りませんでした。

タイトルを見て、最初は宗教本か?と思いましたが
そうではありませんでした。
(厳密に言うと、ベースは仏教なのかな?
 仏教をよく知らないので詳しくは語れませんが;
 わかりやすい・心に優しい哲学、という感じかな?)

ものの見方・・・考え方、捕らえ方。
はっきり言って、アホな私にはとても難しい内容。
(凝り固まった考えを持っているので・・・。
 でも、本当はそういう人が読むととても楽に
 なれると思う本(・m・ )

漫画で書いてあっても、ブタが可愛くても、かなり
頭をひねる本。。。

でも・・・・
こんなふうに脳内回路がショート寸前のときに
必ず読み返す。。。少しだけ、楽になる。
乾いた心に、まだこんなに水分が残ってたのか!と
思うほど、「心」から涙があふれる本。。。

画像を使うのでアフィリリンクになっていますが、
アマゾンで検索して貰えればすぐ見つかると思います^^

「そのまんまでいいよ」
このことが解ってるなら、読まなくていいよ。


冒頭にそう書いてあります。。。

これまでの人生で出逢った本の中で、オススメは何?
と聞かれたらこの本が三本指に入るほど、好きです。
贈ってくれた友達にとても感謝しています。

今日もまた、読み返そう。
考えないために・・・ではなくw
そのまんま、ってなんだっけ?
すぐに忘れてしまう、このことをもう一度
思い出すために。。。

ブッタとシッタカブッタ〈1〉こたえはボクにある
小泉 吉宏
メディアファクトリー
売り上げランキング: 33789
おすすめ度の平均: 5.0
5 あったかいです
5 どんな言葉よりも励みになる一冊
5 いつも答えは私の中にある


ブッタとシッタカブッタ〈2〉そのまんまでいいよ
小泉 吉宏
メディアファクトリー
売り上げランキング: 33579
おすすめ度の平均: 4.0
4 心が軽くなる
4 右脳で人間関係を整理
5 そのまんまでいいよ


ブッタとシッタカブッタ〈3〉なぁんでもないよ
小泉 吉宏
メディアファクトリー
売り上げランキング: 32581
おすすめ度の平均: 5.0
5 漫画といってあなどるなかれ!
5 心のお薬
5 右脳で理解できる本

Mentalトラックバック(0)  コメント(1) 

 |TOP