アクセス解析
* - - Scenes - - * 2006年12月07日
FC2ブログ

    2006

12.07

« ねぎ。 »

考えるのをやめてみた。

ゼロか100か。
どちらかしかない私は、ある意味幸せなのかも知れない。

久々に暴食もした。
苦しくて、体が折り曲げられないほど。
横にもなれないほど。

・・・でも、以前と違ってカードも無くなった私は
使えるお金には限りがあるのだということを改めて知った。

食べる為に使えるお金は、もうない。

・・・そのことが解ったら、急に安心した。
食べたいものは、この8年で殆ど食べつくした。
けれど、「飢えた心」を満たせるのは食べ物ではなかった。。。

久々に自炊を続けてみようか・・・
そう思って、数日前重い腰を上げて仕事帰りにスーパーに寄った。



野菜、野菜、野菜。
今年になって、スーパーに足を踏み入れたのは
多分3回目ぐらいだと思う

私は、過食スイッチが入ると料理が出来上がるまで
待っていられなくて材料の段階で食べてしまう。

解凍すらしていない、小分けにした冷凍ご飯。

生のだいこん。

ゆでていない、ポキポキのうどんやそうめん。

袋入りのインスタントラーメンにパンチを喰らわせ、
おせんべいのように齧る。
・・・男前すぎる(違

コンビニのおにぎりなら、玄関に入るやいなや、
靴をもぞもぞと脱ぎながら袋を引きちぎってすぐに
食べることが出来る・・・

このブログを始めた頃は、比較的落ち着いていた
食生活が、社会復帰が迫るにつれて乱れてきた。

・・・またあの生活に戻ってしまうのだろうか?

そんな不安もよぎった。

しかし・・・気づいたら私は極貧なのだw

以前とは違う。
厳密に言えば、以前もカード(滞納だけはしないよう
常に頭とお金をフル回転させていたので、複数のゴールド
カード所持w)を使って自転車操業していただけ。

今はもう、その選択肢は私にない。
現金のみですべてをやりくりしなくてはいけない。
一ヶ月の食費に40万円も使う生活は、もう出来ないのだ。



旬の野菜は美味しい。
・・・材料の段階で食べてしまうかも、という恐怖は
全くないわけではないけれど、コンビニの弁当じゃ
なくても満腹感はきちんとやってくる。

昼休み、初めて行くスーパーで冬野菜を沢山買った。

「ねぎは、どうなさいますか?」

・・・?
えっと。

「この・・・、砂肝とニンニクの芽と、ねぎ塩炒めに。」

レジの姉さんは、にっこりと笑って言った。

「ねぎの、長さはどうなさいますか?」

????

ぐはっ、切ってくれるの???
そんなサービスしてるの?

顔から火が出る、とはまさにこんな感じ・・・orz
(ってか、聞き方が悪いよ!と脳内逆ギレw)

「ふたつわけ、でよろしいですか?」

くやしまぎれに、「小口切りにして下さい
・・・とはさすがに言えなかった。
世の中進化してるんだな。。。(;´Д`)
これ、常識なんですか?
(でも、切ったナイフ洗うわけじゃないしなんか不衛生・・・)

そんな屈辱を味わったねぎ( ̄~ ̄;)
今夜も大活躍です。

みじん切りにしたねぎと椎茸とニンニクをたっぷりの
ゴマ油で狐色にして、お醤油・酢・砂糖・酒を入れた
耐熱瓶にオイルごと注いでドレッシングに。

塩茹でした里芋、ひよこ豆、むき枝豆、ブロッコリー、
きくらげ、ベビーコーンと混ぜて頂きました<(_ _)>

・・・考えずに、このまま。。。
このペースでずっと行けたら。

ささやかな幸せ、かもしれない・・・。

そう思います。

スポンサーサイト



Mentalトラックバック(0)  コメント(4) 

 |TOP