アクセス解析
* - - Scenes - - * どうして繰り返すの?
FC2ブログ

    2006

10.21

« どうして繰り返すの? »

むかーしむかし、田中律子さんと誰かがやっていた
「目撃ドキュン!」という番組がありました。
(若い人は知らないだろうなぁー・・・

別に、あの番組自体をどうこう(出演した方が云々という
わけではありません)言うつもりではないのですが、
なぜか似たようなトラブルにしょっちゅう巻き込まれる
私は、自分の思考のモデルが「自らトラブルを選択する
ようにインプットされている
」ことには全く気づいて
おらず、よく友達から冗談半分で「ねぇ、あなたもあの番組
出られるんじゃなーい?」と言われていた時期がありました。

私って、本当に「運が悪いんだなぁ・・・」と思っていました。

育った環境が悲惨でも、理性を保って生き抜いている方も
勿論沢山います。しかし、大抵のAC(酒害家庭・機能不全家庭
この場合は両方)は自分の育った環境と同じ道を再度
たどってしまう悲しい法則があります。

「自分は決しておなじ過ちは繰り返さない!」

殆どのACが小さい頃から心に誓って生き抜いて来るのに、
依存症患者や虐待加害者が実は自らもそれらの被害者だったり
することは少なくありません。

健全な家庭で育った大抵の人は
「なんて学習能力のない人なんだろう・・・」
そう感じてしまうのではないでしょうか?

私自身も、アルコール依存症である父親自身が
祖父の酒乱に苦しみながら生きてきたのに
どうして彼は同じ苦しみを私たちに与えるのか??

ずっと解らなかった答えが、この5年間でようやく
少しずつ理解できるようになりました。。。

※ 以下の文章は、私自身が普通に「なぜ?(繰り返すの?)」と
  思ってきた答えを、繰り返してきたカウンセリングによって
  自分なりに出した「私なりのこたえ」です。
  これが絶対に正しい訳ではありませんし、また繰り返す
  虐待等の連鎖を肯定するためのものではありません・・・。



連休を利用して、旅行に行ってきた家族が帰宅して
リビングでお茶をすする。

「あー、楽しかった♪
でもやっぱり、うちが一番落ち着くね^^」

・・・・・あの、、、コントですか?Σ(・∀・`;)
というぐらい陳腐な表現になってしまいましたが(w

人は、「自分がいつもいる(知っている)環境が一番安心できる
のです。。。たとえ、毎日が決して止まらない絶叫マシーンのように
「次の瞬間、何が起こるか予測もつかない恐ろしい環境」であっても、
です。勿論、頭ではそれを激しく否定していますが、「安定」を求める
本能は、無意識のうちに”同じ環境を与えてくれる人物”に
惹かれ、接近していきます。

私自身、「酒癖の悪い人だけは絶対に好きになるまい」と
固く誓っていたものの、お酒はさほど飲まなくとも
激しい女性関係を繰り返す人、暴力を振るう人、働かずに
私のお金で暮らす人、・・・そしていつしかその延長上に
「酒を飲んでくだをまく」というおまけがついてきます。

「あぁ、また同じような人を好きになってしまった・・・」
そう気づく頃には、抜き差しならないどっぷりの「共依存関係」に
ハマってしまっている事が殆どでした。
(私自身が、相手をそうさせてしまっていたことも今は解ります)

「糞製造機=無価値」と呼ばれ続けた私だけれど、「この人には私が
必要=無価値ではなくなる」という間違った認識・・・。

これらを理解するのに、とても役に立った本・・・
何度開いても、「これは自分のことが書かれているの??」
と思うほど突き刺さる・・・だけど、ようやく今までの
負のスパイラルの法則が解けそう。。。そう気づかせてくれた
本をご紹介します。


なぜいつも、あなたの恋愛はうまくいかないのか―アダルト・チルドレンの恋愛と結婚の神話
ジャネット・G. ウォイティツ Janet G. Woitiz 新沢 ひろ子
学陽書房
売り上げランキング: 10,543
おすすめ度の平均: 4.8
4 ACの恋人をもつあなたにおすすめ
5 アダルトチルドレンの恋愛神話を突破する為の書
5 やっと気づいてくれた夫


最後に恋愛をしてからもぅかれこれ何年経ったのかと
思うこともありますが、新しい恋愛を考えるにはまだまだ
自信がありません。。。
(誰かをこれ以上傷つけたくないし、自分も嫌だし)

でも今度誰かを好きになるときには、きっと同じ過ちを
繰り返すことはないんじゃないかな・・・・
そんな気持ちが少しだけ頭を出してきたのも事実だったり
しています。。。(。・m・)

スポンサーサイト



Mentalトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL