アクセス解析
* - - Scenes - - * たった1つのおまじない。
FC2ブログ

    2006

10.18

« たった1つのおまじない。 »

ようやっと、再就職が決まりました<(_ _)>
(前回ちょこっと書いたカテゴリは、少し書くのに
 パワーがいるのでお休み@下書きに戻しました^^;)

企業側と働く側、双方が3ヶ月間お試し期間を
作れる「紹介予定派遣」というシステムを初めて
利用します。これは、3ヶ月間はお互いに見極める
期間として直接雇用ではなく、間に派遣会社を
通し、3ヶ月経ってお互いに合意すれば正社員登用・・・
というシステムです。

私のような技術職だと、お互いにメリットは大きいと
思います。(見掛け倒しだと申し訳ないし^^;)

1年2ヶ月間、社会人になってからこんなに休養したのは
初めての経験でしたが、毎日まったくの「無」の状態で
リセット出来た貴重な時間でもありました^^

この間に、自分を嫌になるほど見つめなおして
8年間苦しんだ摂食障害からも脱出しつつあります。。。

いつから出社になるかはまだ未定です。(現在、双方の
条件がいくつか合わず@先方は当初から直接雇用を
のぞんで下さったのですが、私としては1年以上の
ブランクがあることや、派遣社員として働いたほうが
手取り額が大きいことw等を理由にして交渉中・・・)

大丈夫かな・・・・orz
不安のほうが今は大きいです。

私のたったひとつのおまじない。

「だいじょうぶ。私は大丈夫」

・・・たったこれだけの言葉なのですが、
ACOA(Adult Children of Alcoholics)である私は、
常に自分自身そのものや自身の決断に
疑いを持ってしまう悪い癖があります。。。( ;´・ω・`)

今日の最悪の病気はライ病でも結核でもなく、
自分は不必要な存在だという思いである。

(The biggest disease today is not leprosy or tuberculosis,
but rather the feeling of being not wanted.)

ネットをあちこち眺めていて、心に焼きついた
マザーテレサの言葉です。。。
私は残念ながら無宗教派ですが、この言葉を読んで
無意識に涙がこぼれました。。。

私の育った家庭のように、世代を超えて繰り返される
嗜癖、虐待等・・・。

「自分は決して同じ過ちを繰り返すまい」と強く思いながらも、
また次世代へと受け継いでしまう悲しいスパイラル。

長い長いカウンセリングを経て、今は解ります。。。
私の両親も、そのまた両親も、愛された経験がないので
愛情表現の方法を知らなかったのだということ・・・

「両親にさえ愛されなかった自分」という記憶は、
自分がいかに無価値で、不必要な人間なのか。。。という
悲しみと無力感を常に心の奥底に抱いて生きていく
ことになります。。。

・・・何が言いたいのか、よく解らなくなってきて
しまいましたが。。。(;´Д`)

臨床心理士の先生に教えてもらった、とっておきの
おまじない。

「だいじょうぶ、私は大丈夫。」

本当に、たったこれだけの言葉ですが繰り返すことで
ふにゃふにゃで芯のないような(本当はあるのですが、
自分を信じていないのでそう感じてしまうのです)
自分にも、色々なことが出来る。。。このことが
少しずつ解って来ます。

もし、同じように悩んでいる方・・・ダメもとでも
一緒に試してみませんか?^^ 

私も、出社日が決まったらまたこのおまじないを
かけながら再度歩き出してみようと思いますv
長文失礼致しました<(_ _)>
スポンサーサイト



Mentalトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL